動物性プラセンタは、どんな動物由来成分なの?

みなさんの中ですでにプラセンタを活用しているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

サプリメントやドリンクといった手軽なものから、 注射や点滴などクリニックで受けることができるものまで、 様々な方法によってプラセンタを摂取することができます。
これだけ期待されているプラセンタについてみなさんはどれだけご存知なのでしょうか。


プラセンタには3種類あり、動物性・植物性・海洋性のプラセンタにわけられています。

よくいわれる一般的なものは動物性プラセンタといわれています。

動物性プラセンタは、牛や豚、馬、羊といった動物のものがあり牛プラセンタにおいては、BSE問題などにより使用はされなくなりました。
豚と馬においては現在でも活用され、非常に大きな効果をもたらしています。

特に馬プラセンタにおいては豚タイプの約250倍のアミノ酸が含まれているといわれ、
化粧品などにおいて活用されているようです。
馬はもともと病気にかかりにくい体を持っていて、予防接種などによる薬剤などの影響もないため安心して使用できます。
馬プラセンタは希少価値が高くなっている分、安全性、効果は絶大なものがあり人気が高まっているようです。


また、羊プラセンタは人間の胎盤に一番近いともいわれていて、肌のハリやしわ、たるみに最も効果的であるといわれています。
健康的な羊だからこそ摂取できるプラセンタにも注目が集まっています。


続いて豚プラセンタは、一般的に1番使用されているともいわれています。
しかし、豚のタイプにおいては病気予防のために予防接種やワクチン投与されている場合があります。
予防接種の成分が胎盤への影響がないとはいいきれない部分があるため、きちんと管理された豚を使用している豚プラセンタを使用できるよう注意するようにしましょう。

このように、動物性プラセンタにも様々な種類がありますのでそれぞれをしっかりと理解して使用できるようにしましょう。

Copyright (C) 2013 健康な体作り All Rights Reserved.