プラセンタって、どれも同じなのでは?

プラセンタには、体の体調を整える効果から、美容などにおいても効果があるといわれていて、医療の面でも活用されている非常に効果が期待されている成分になります。
美白や美肌、アンチエイジングやシミ、シワやたるみに加えて抵抗力や免疫力、体調改善など様々な効果がありますが、プラセンタといったものはどれも同じ効果であるのでしょうか。

まず知っておいてほしいこととして、プラセンタは様々な種類があります。
大きくわけると人プラセンタに動物性、植物性、海洋性と様々なプラセンタがあるんです。

これらはもちろん、効果にも違いがあるといわれています。
代表的によくあげられているのが動物性プラセンタと植物性プラセンタになりますが、
この2つにおいても違った効果があるんです。


動物性プラセンタはよく耳にすることが多いかと思いますが、牛や豚、馬など哺乳動物のエキスを抽出したものになります。
BSE問題などにより、予防接種やワクチンなどを投与していない動物に関して安全といわれていて、現在では牛は使用されなくなっています。

その中でも、最近注目を浴びているのが馬プラセンタとなっていて、アミノ酸においては豚の約250倍もあるともいわれています。
また、馬は元から病気知らずともいわれるくらいあまり病気をしない動物であり、そういった元気さもよいエキスを抽出できることにつながるのではないでしょうか。

また、植物性のプラセンタというものは実際に植物には胎盤といったものがあるわけではありません。
では、なぜ植物性プラセンタと呼ばれているかというと植物のトウモロコシやライ麦などから抽出されるエキスが胎盤から抽出されるエキス同様の効果があることがわかったからになります。
また、植物性プラセンタの効果としては、美白効果は非常に高いものの、動物性プラセンタでのアンチエイジング効果や疲労回復といった効果はないといわれていますので、プラセンタの内容をしっかりと理解して摂取するようにしましょう。

Copyright (C) 2013 健康な体作り All Rights Reserved.